<< 記憶 こういう表情されると・・・ >>
ロックリング交換
b0177580_23585169.jpg

CANON EOS40D / TAMRON SP AF90mm F/2.8 DI MACRO

スプロケットの掃除のついでに
ロックリング(TOKEN製)を換えました。

スプロケの脱着は初挑戦で、
GIZAPRODUCTSというメーカーのスプロケットリムーバー
フリーホイールリムーバーという2つの道具を購入し、挑戦してみました。
結果からいうと、当初の締付けがキツかったのか、何度やってもこの道具では外れませんでした。
一条サイクルさんに行って外してもらおうと思いましたが箕面まで行くのはめんどくさいので、
近くのあさひサイクルで外してもらいました。
作業してくれたお兄さんは30cmくらいの大きなモンキーとリムーバーを使ってました。
ちなみに自分が使っていた前述の道具は端から接続部までの長さが約22cmくらいです。
20cm弱の長さでは十分なトルクを与えることは難しいのでしょうか?(あるいは自分の非力?)
1,050円の工賃をとられましたが、新しい工具を買うことを考えると、やっぱ外してもらってよかったです。

スプロケの脱着は正直、敷居は高いと思ってましたが、
実際にチャレンジしてみてロックリングさえ外れれば誰にでもできる簡単な作業だと感じました。
スプロケは分解後チェーンクリーナーを吹きかけてウェスで拭いてあげると、
ピカピカになり、気分も爽快で、よりバイクに愛着が湧いてきました。

ついでにロックリングをTOKEN製のゴールドのものに換えました。
b0177580_012027.jpg

スプロケに取付けたときは、オッ!!かっこいいと思いましたが、
フレームにホイールをセットすると、隠れてほとんどゴールドが見れず(涙)、
完全自己満足なパーツでした。

まぁ、それはともかく、自分でメンテナンスができる箇所が増えて満足、満足。


ポチっとよろしくです。
↓↓↓
人気ブログランキングへブログランキングに参加中

[PR]
by nom_photo-life | 2011-11-18 00:11 | ロードバイク個性派計画
<< 記憶 こういう表情されると・・・ >>