JUMP
b0177580_1956399.jpg

RICOH GR DIGITAL3 / PHOTOSHOP CS4  at Hilton Osaka

クリスマスツリーに向かってジャンプ!!
でも、本番は一ヶ月後やけど・・・。



b0177580_1959052.jpg

RICOH GR DIGITAL3 / PHOTOSHOP CS4 


b0177580_1959456.jpg

RICOH GR DIGITAL3 / PHOTOSHOP CS4



ポチっと
↓↓↓
人気ブログランキングへブログランキングに参加中

[PR]
# by nom_photo-life | 2011-11-23 20:05 | スナップ
記憶
b0177580_2112196.jpg

CANON EOS40D / TAMRON SP AF90mm F/2.8 DI MACRO


時が経ち、記憶は薄れたとしても

君といた事実はきっと色褪せない




ポチっと
↓↓↓
人気ブログランキングへブログランキングに参加中

[PR]
# by nom_photo-life | 2011-11-19 21:18 | スナップ
ロックリング交換
b0177580_23585169.jpg

CANON EOS40D / TAMRON SP AF90mm F/2.8 DI MACRO

スプロケットの掃除のついでに
ロックリング(TOKEN製)を換えました。

スプロケの脱着は初挑戦で、
GIZAPRODUCTSというメーカーのスプロケットリムーバー
フリーホイールリムーバーという2つの道具を購入し、挑戦してみました。
結果からいうと、当初の締付けがキツかったのか、何度やってもこの道具では外れませんでした。
一条サイクルさんに行って外してもらおうと思いましたが箕面まで行くのはめんどくさいので、
近くのあさひサイクルで外してもらいました。
作業してくれたお兄さんは30cmくらいの大きなモンキーとリムーバーを使ってました。
ちなみに自分が使っていた前述の道具は端から接続部までの長さが約22cmくらいです。
20cm弱の長さでは十分なトルクを与えることは難しいのでしょうか?(あるいは自分の非力?)
1,050円の工賃をとられましたが、新しい工具を買うことを考えると、やっぱ外してもらってよかったです。

スプロケの脱着は正直、敷居は高いと思ってましたが、
実際にチャレンジしてみてロックリングさえ外れれば誰にでもできる簡単な作業だと感じました。
スプロケは分解後チェーンクリーナーを吹きかけてウェスで拭いてあげると、
ピカピカになり、気分も爽快で、よりバイクに愛着が湧いてきました。

ついでにロックリングをTOKEN製のゴールドのものに換えました。
b0177580_012027.jpg

スプロケに取付けたときは、オッ!!かっこいいと思いましたが、
フレームにホイールをセットすると、隠れてほとんどゴールドが見れず(涙)、
完全自己満足なパーツでした。

まぁ、それはともかく、自分でメンテナンスができる箇所が増えて満足、満足。


ポチっとよろしくです。
↓↓↓
人気ブログランキングへブログランキングに参加中

[PR]
# by nom_photo-life | 2011-11-18 00:11 | ロードバイク個性派計画
こういう表情されると・・・
b0177580_8591199.jpg

CANON EOS40D / SIGMA 30mm F1.4 EX
model:tomomi さん(2008.4撮影)


男って弱いよね。



ポチっと
↓↓↓
人気ブログランキングへブログランキングに参加中

[PR]
# by nom_photo-life | 2011-11-14 23:35 | ポートレート
ARIONE CX K:IUM (サドル)
b0177580_23494268.jpg


サドルをbontrager affinity2からアリオネに換えました。
ボントレガーのサドルは完成車に付いていたもので、
自分のお尻と相性がよく、乗り心地はすごくよかったです
(クッション性が高く、レーパンを履かなくてもそれなりの距離を走れました)。
ただ、後ろにかなり反った感じの形状なので、地面と水平にならず、
走行中にお尻がずってくるのが気になってました。

ということで、一ヶ月程前に思い切ってアリオネに換えてみました。
アリオネにした理由は、ずばり見た目。
ミーハー心丸出しです(笑)

ただし、アリオネのカラーラインナップが、黒・しかなく、
ラリムグリーンのTREK2.3には少し合わない気がしたので、
fizi:k本社でカスタムメイドしてもらったものを個人輸入しました。

カスタムメイドの作り方はいたって簡単で、fizi:kのHP上で、
ARIONE CX K:IUMをベースに全体(Thigh Glides)と真ん中の線(Cover)と
ロゴ(Logo)の色を選択します

各部分に私が選択した色は以下の通りです。
①全体(Thigh Glides)→Chalk White Microtex 3038
②真ん中の線(Cover)→Glossy Green 3078
③ロゴ(Logo)→Black
グリーン色は、Glossy Greenの他にApple Greenがありますが、Glossy Greenを選択して正解でした。
どんぴしゃでライムグリーン色でした。

私自身初めて海外から個人輸入しましたが、思ってたよりも簡単でした。
多分迷うとすれば、fizi:kの注文の際の個人情報の入力(小中学生レベルの英語、ていうか住所の書き方)と
支払方法としてのpaypalの登録くらいではないかと思います。
郵送はUPS経由で、最後はクロネコヤマトから郵送されてきました。
オーダーしてからおおよそ2週間弱ほどで手元に届きました。
料金は、本体が169ユーロ、送料が20ユーロ合計189ユーロで、円換算で21,166円でした。
昨今の経済状況が円高とは言え、少しお高い買い物でしたが、
いい勉強になりました。

あっ、もちろん乗り心地も最高です。
買ってよかったです。



ポチっとよろしくです。
↓↓↓
人気ブログランキングへブログランキングに参加中

[PR]
# by nom_photo-life | 2011-11-10 00:07 | ロードバイク個性派計画